リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生のリウマチ相談室ブログ 11年04月06日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。

本日のテーマ「 巨人阿部慎之介選手の肉離れについて思う 」

2011年4月5日の練習試合で、阿部慎之介選手が肉離れを起こしました。 阿部、開幕絶望…右ふくらはぎ肉離れで全治6週間 ヤフーニュースより http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110405-00000268-sph-base キャッチャーと言うのは重労働です。他の野手よりもかなり多様な動きをします。前後左右、立ちあがってダッシュするなど、足に負担がよりかかります。 『実戦復帰までは早くても2か月は要する見込み。当分の間は自宅で安静にして経過を見守るようだ。』 西洋医学的には記事にあるように、安静しかありません。まだこれを読む限り軽症のようです。 昔来られたプロ野球選手が言っていましたが「トレーナーに言っても、3週間休めと言うだけだ。」となってしまいます。 皮下出血があるとおそらくそれを抜いたりするので、入院となったかもしれません。 プロの選手と言うのは、休む=職業の危機になりかねません。 そのような例をいままで多く見てきました。ベテランになればなるほど、この思いは強いと思います。 そのような時にただ休むしかないと言うのは、いたたまれないかもしれません。 捻挫と肉離れ治療 http://www.d2.dion.ne.jp/~kouraiha/nenza/ 一般人の肉離れはほとんどが1回の治療で、普通に歩いて帰ります。 激しいアマチュアスポーツでの障害なら、2、3回の治療が必要になるかもしれません。 先ほどの選手は2回しか機会がありませんでしたが、それでは目覚ましい変化がありませんでした。 それでも1週間程度、5、6回の治療ができれば、翌週からはリハビリで歩行ができるのではないでしょうか。 一般の方は1回の治療で歩いて帰られ、翌日から3日ほどは安静に注意してもらいます。 3日目からはリハビリの歩行をしてもらっています。 鍼治療を上手に行えば、自己治癒力と言う物がうまく働くので、常識より早い回復が可能になります。 何はともあれキャッチャーは、チームの要早い回復を切望します。 阿部慎之介 ウィキペディアより http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E9%83%A8%E6%85%8E%E4%B9%8B%E5%8A%A9
042-365-9781