リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生のリウマチ相談室ブログ 11年01月17日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。

本日のテーマ「 近藤誠医師の「がん」論文で思うこと 1 」

今慶応大学」医学部講師 近藤誠さんの著書「あなたの癌は、がんもどき」 梧桐書院刊 が波紋を呼んでいます。 文芸春秋1月号で「抗がん剤は効かない」 2月号では立花隆氏との対談「抗がん剤は効かないのか」の特集が組まれました。 http://www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/ そのほか週刊文春1月20日号「抗がん剤は効かない」は本当か? http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/ 週刊現代1月29日号「抗がん剤治療は本当にダメなのか」と様々なところで、抗がん剤治療について論争が始まっています。 http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/ これは喜ばしいことではないでしょうか。 アメリカでは10年ほど前NIHで、それまでの10年間のがん治療の検証をしたそうです。 その結果切除手術以外は何ら進歩はなかったと言う結論でした。国内では大騒ぎになったそうです。日本にはほとんど伝わってきませんでしたが。 最近アメリカでがんの死亡率が低下したのは、このことがあってから検診率が上がって、早期に手術が行われるようになったからだと言われています。 抗がん剤のが進歩して、その成果が上がったと言うことではなさそうです。 さて私が近藤医師を知ったのは、みなさんと同じで「フジテレビアナウンサー逸見正孝氏のがん治療」に関する、週刊文春の一連の論文からではないでしょうか。 逸見さんがスキルス性の悪性胃がんを記者会見で発表したのち、2度目の手術を行いほどなく亡くなってしまったのです。 井上胃腸科病院でしたか、そこで手術を受け転移した内臓部分を3キロでしたか切除したそうです。 そのことに対し近藤医師は「もし切除しなかったら、逸見さんはもう3カ月は長生きできたはず」と断じたのでした。当時は大きな話題でした。 しかしそれまで医師が行った手術に対し、公開の場で論争をしたことなどなかったので、本当に驚きました。白い巨塔の言葉があるように、閉鎖した社会でたの医師の技術に批判をするなど、一般には考えられもしなかったからです。 近藤医師を尊敬するのは、現役の医師でそのような批判をすれば、自分の生活基盤が揺らぐかもしれないにもかかわらず、敢えてご自身の信念を貫かれたからです。 数年前やはり医師が病院の医療体制告発本を出しました。しかし彼はすでに年金を貰う身分であり、もし現役時代の自らのミスを明らかにしても、今の生活には何ら影響が無いのです。そのような医師の告発など何ら価値を認めません。 同じようにイメージが重なるのが、故高橋晄正元東京大学講師のことです。 確かグロンサンやアリナミンは効かないとか、様々なものを批判してましたね。 私の関係する東洋医学では、漢方薬を批判して嫌われていました。 それまで漢方薬を飲むと、かゆみやめまいなど瞑眩(メンゲン)が出ることがありました。それはややもすると良いことのように言われていましたが、高橋さんが統計処理をするとそれは副作用だと分析できたのです。 相当な反論があったようですが、今ではそれが正論となっています。 しかし私が思うのに、敢えて嫌われるようなことを信念を持って行ったせいか、彼も東大教授にはなれなかったのではないでしょうか。 相当な覚悟がいると思うにつけ、わが身を振り返れば「出来ないなー」と思うのです。 あの人に聴く e-doctor 医療専門求人・開業情報サイト http://www.e-doctor.ne.jp/contents/anohito/a01-10.html
042-365-9781