リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」へご連絡下さい

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

リウマチ(リュウマチ)を始めとする様々な症状・症例をご覧いただき、「手のひら先生の高麗手指鍼リウマチ治療」 の一端でも知って いただけるよう願っております。この機会に東洋医学に興味をもたれた方のご質問もお受けいたしますので、遠慮なくご質問ください。質問は電話にてお受けいたします。

鍼灸師や鍼灸学生の方にお知らせします。治療院見学は行っていません。セミナー等の計画は、次のブログで順次紹介いたしております。「手のひら先生高麗手指鍼講座」

「ようこそ手のひら先生スタイル高麗手指鍼のリウマチ治療の世界へ!」

ここでは独自の研究で進化させた韓国の鍼「高麗手指鍼」を、手のひら先生スタイルとしてその効果をご紹介いたします。

高麗手指鍼自体が日本では珍しいことと思います。

手のひらだけで治療できる簡便さはありました。

また手のひらと脳が密接な関係であることを、カナダの生理学者ペンフィールド教授の研究成果から説明いたしました。ホムンクルスとして広く知られています。

この科学的な説明から伝統的な日本の鍼や中国鍼そのほかよりも、より高い効果を出せるのが高麗手指鍼であることをを証明できました。

しかし残念ながらいままでの高麗手指鍼の治療効果は限定的でした。

韓国人金成万師が私の先生でした。先生はがん治療で有名でしたが、その治療方法は「気」を使う名人の技術でした。

私が自らの脳溢血後遺症を治そうと10年間研究を深め、世界の何処にもない高麗手指鍼の理論と技術を極めました。

独創的な理論と技術なので鍼灸師でこれを理解できる方は、世界ではほとんどいらっしゃらないでしょう。

高麗手指鍼をなんとかして進化させ自らの病気も完治させたいと、研究してきた結果たどり着いたのが此処でした。

なんとか従来の高麗手指鍼の突破口をとして探し求めたどり着いたのが、フランス人医師ポール・ノジェ博士の発明された耳鍼の理論と技術でした。

フランス人医師で耳鍼の創始者ノジェ博士の研究は、それまでにない独創的な理論でした。しかし博士が考えたディメンション(位相)理論は、何を意味していたのか誰も理解できませんでした。

もしかすると博士ご自身もディメンション(位相)の意味するところは、本当は理解していなかったかもしれません。

私は検証を重ねることでディメンション(位相)とそのツボの真の意味をすべて読み解きました。

きっかけになったのは故東京芸術大学三木成夫教授の「生命形態学序説」に出会ったことでした。

その意味するところは次のことです。

人間の祖先は4億年前魚の時代にいました、それが進化して鳥の時代になり、進化して人間になったということです。

それぞれの時代にそれぞれ進化した脳と臓器が出来て、それに対応するツボが出現しました。

それぞれの時代に作られ進化してきた脳と臓器、それを効果的に調整するにはディメンションを考え、効果的にツボの刺激をしなければなりません。しかし二千年前に作られた鍼灸のツボと理論は、それ以上には発展できませんでした。

それで現代の鍼灸の中心は、腰痛肩こり治療になっているのです。

なぜそうなっているかと言えば、進化していく過程で脳・免疫・臓器に対応するツボ、それは最初に現れたツボ(さかなの時代のツボ)の下に隠れることとなったからです。

それを掘り出し見つけ出すには、ノジェ博士のような診断技術が必要です。

言ってみれば人間のツボは進化とともに、三層の構造になっています。

必要な箇所の治療にはディメンション(位相))を考えて、最も効果的なツボを選ばなければなりません。

それま考えられてこなかった診断技術が必要になりました。

このことを明らかにしたことでそれまでは鍼治療では不可能であった、免疫疾患・脳疾患・肺・子宮・心臓疾患の治療が可能になりました。

(博士はディメンション6まであるとご著書の中では書かれています。もしかすると進化の過程では6段階ぐらいの変化を、人間はしてきたかもしれません。しかし治療についてはこの3段階で十分です。ちなみに博士のご著書では、ディメンション3までのツボしか描かれていません)

これらのことが十分に生かされて初めて、手のひら先生高麗手指鍼リウマチ治療法が成果を上げられることになりました。

「手のひら先生高麗手指鍼理論他を理解しやすいように動画をYouTueにアップロードしました。」

癒着の原因と治療法 その1

癒着の原因と治療法 その2

心臓疾患

糖尿病性壊疽治療

鍼灸師の気のつくり方

糖尿病治療 後編

新・鍼灸理論

以下は「手のひら先生スタイルの新・鍼灸理論になります。

第1章 東洋医学の構造

第2章 気について

第3章 ツボについて

第4章 治療の場

第5章 治療理論

第6章 耳鍼の創始者ノジェ博士について

第7章 高麗手指鍼について

第8章 手のひら先生スタイル

第9章 経絡とはなにか

(治療各論)

第10章 パーキンソン病

第11章 脳溢血脳梗塞後遺症治療

第12章 ニードルキーパー(難病治療器具)

第13章 がん治療

第14章 キラーストレス治療

第15章 癒着治療 その1  癒着治療 その2

第16章 不整脈治療

以下は「The New Theory of Acupuncture by tenohira-sensei」の動画です。

chapter1 stracture of Oriental Medicine

chapter 2 About Qui for acupuncture

それではリウマチ治療のお話をいたしましょう。

リウマチのお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」で解決を

このホームページでは、タイトルが「リウマチ相談室」になっておりますが、高麗手指鍼を使って様々な治療法を紹介しています。それは今までの鍼の概念を超え、人間の治癒力を最大限に引き出した、全く別世界の鍼灸をご覧いただけるはずです。

それでは最初にリウマチ治療がどのようなものであったかをお読みください。その次は現在西洋医学で行われている、リウマチ治療です。更に私が考えるリウマチ治療の未来をお話いたします。

具体的なリウマチ治療は「関節リウマチ」に症例がありますので、そちらをご覧いただけたらと思います。

それではリウマチの解説からいたしましょう。


リウマチ治療の現在・過去・未来

リウマチの歴史は二千年から三千年前まで遡ると言われています。いまだその原因解明も根本から治す薬や治療法もありません。

このサイトではリウマチ治療の歴史を振り返りながら、韓国で生まれたリウマチ治療方法である「手のひら先生のリウマチ治療」をご紹介いたします。

リウマチ治療の過去

20年前のリウマチ治療は運動療法が主体でした。リウマチは悲惨な病気として教えられた記憶があります。それ以前もっと時間を巻き戻して見てみましょう。

「東洋医学はリウマチ(リュウマチ)治療」を、昔はどう捉えていたのでしょうか?東洋医学の発祥の国中国では、どのようになっているのか。ここから見てみましょう。手元にある上海科学技術出版社「実用中医内科学」を紐解いてみます。

昔の中国では「痺症」として、リウマチを表現していました。リウマチは内熱いわゆる炎症による熱、すなわち血の巡りが悪くなり起こる「お血」や肝腎脾の気が弱まって、濁が関節に滞りリウマチ症状を表すと説明されています。

ここに1冊の本があります。澤田流聞書「鍼灸真髄」代田文誌著 医道の日本社 刊 お灸の書としては有名な本です。この69ページにリュウマチ(リウマチ)の説明があります。

リュウマチについて尋ねたとき先生は云った。『リュウマチなどと言う病気はない。小腸に熱を持ったのです。だから小腸兪(つぼの名前)へ灸するか鍼をすればよい。あんなものは楽な病気です。リュウマチは昔は鶴膝風とか痛風というたものです。リュウマチ(リウマチ)などと言うと如何にも立派に聞こえるが、流れると言う意味で、日本語に訳すとワカランということだそうです。まさかワカランなどという病名もつけられんので独逸語のままでリュウマチ(リウマチ)というのだそうです。』」

昭和初期に活躍された鍼灸師沢田健の言葉です。昭和47年になくなられた戦後の偉大なる灸師、深谷伊三郎という偉大な鍼灸師もいました。彼の著書「お灸で病気を治した話」は、灸師だけでなく鍼師にとってもアイデアの宝庫たる臨床家のバイブルです。慢性関節リウマチの治療については、当時鍼はまったくお手上げ状態であったようです。治療法をまとめたものを調べても、慢性関節リウマチに実績はありません。

深谷伊三郎師のこの臨床録には、いくつかの慢性関節リウマチを治療した症例が載っています。ただ今日のように診断方法が発達してなかったので、今日的な「完治」とはなっていませんが、完治に近い治療例が載っています。

症状によっては3年ほど灸療法が続けられ、完治にいたったとのことです。この療法は身体全体につぼを求めるもので、特に中心になるのが、背中を通る膀胱経でそこにつぼを求めています。衰えた内蔵機能に刺激を与え賦活すること、また灸で火傷を与えることが白血球を増やし、ひいては免疫システムに多大な影響を与えていることは、十分推測できることです。ただし灸が効果的でも、熱さに耐えられないことと肌に灸痕を残すことは現代社会においてお灸が再認識され復活することは難しい原因といえます。

20年前鍼灸学校に通っていた頃先生が仰ったのは、リウマチ治療法はほとんど無力でした。前に述べたように運動療法以外ありませんでした。その中で一時目立っていたのが、温水プールでの運動療法でした。しかしこの方法では冷えを呼び、かえってリウマチ治療にとっては逆効果です。

この頃は様々な治療法が試みられていました。その1つが冷凍療法です。大きな冷凍庫のような施設に出入りして血行を促すものでした。痛みは取れていくのですが、消えたところで筋肉にダメージが出来、小児麻痺に罹ったあとのように筋肉が痩せてしまうのです。その後に出たのがステロイド療法でした。

ステロイド療法は初期は特効薬として使われましたが、その後副作用が強く出るので今では使用数は減少し、代わって免疫抑制剤が多処方されているようです。


リウマチ治療の現状

「現代医学のリウマチ(リュウマチ)治療」

現代医学のリウマチ(リュウマチ)治療は薬物療法です。ではどのように医師が治療方針を決め、薬の取捨選択を行っていくのかを見ていきましょう。これを知ればこれからの自分のリウマチ治療がどのように進められていくか理解されるでしょう。

その前にリウマチと診断されるための、各検査数値や診断方法を見ておきましょう。まずはこちらのリウマチ検査をご覧下さい。最新のリウマチ検査

(治療の体系)

従来の治療体系では5段階に描かれています。

第1段階 家族患者にリウマチとは何かを教育する。心身とも安静にする。運動療法。保温。アスピリンなどの鎮痛剤。
第2段階 非ステロイド抗炎症薬。関節内ステロイド注入。理学療法作業療法。装具。鎮痛薬。
第3段階 ステロイド傾向投与。予防的手術。金療法。入院療法。
第4段階 再建手術。リハビリテーション。
第5段階 新しい治療の試み。現在ではこれは生物製剤「エンブレル」などになっています。

この治療方針はオーソドックスなもので、現在では早くからステロイド剤などの薬物療法を始める場合もあります。

(よく使われるくすりについて)

抗炎症剤 副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)商品名ブレドニゾロンが良く知られています。抗炎症作用があり、リウマチ(リュウマチ)の炎症を抑えて痛みを消すために使われる。効果の持続に長短があるので、患者の症状によって使い分けられているようです。関節の直接注射もありますが内服が基本です。

長期間の使用が多いのですが、重症度に応じてパルス療法と呼ばれるものは、500mg~1000mgと言う大量を3日間と言う短期に服用する場合もあります。初期に使って早期にリウマチを押さえ込もうとする場合にも使われているようです。問題点は副作用で、多岐にわた る。感染症、免疫低下、糖尿病、胃潰瘍、ムーンフェース、骨粗鬆症、高血圧、高脂血症、筋肉痛、筋力低下、白内障、緑内障などがある。

免疫調節薬 リウマチ患者の免疫異常を改善する可能性があるとされている。リマチルは1985年に有効性が認められた薬です。抗炎症作用は強い。副作用としては、顆粒球の減少、ネフローゼ症候群、質性肺炎がある。
免疫抑制剤 自己免疫疾患と呼ばれるものなので、これを強力に抑制する働きがある。代表的なものは、メトトレキサートがある。つぎの免疫抑制剤と併用すると効果が高いと言われている。その効果は骨破壊抑制、日常生活QOLの向上と、死亡率の改善、他の薬との併用で更なる高い効果が計れる基本薬である。副作用として、間質性肺炎、肝障害、消化器症状などが言われている。しかし葉酸を同時に摂取すればこれを抑えられる。
生物製剤 牛の血液を利用して製造されている。これから生物製剤の名称がつけられる所以である。抗腫瘍因子を抑制、炎症性サイトカインの抑制が図られる。メトトレキサートとの併用で、高い効果が出ている。問題点としているのは、保険対象薬であっても高価であるので負担が大きいのと、アメリカ産牛の血液を使いBSEの危険性もある。

薬は急性の時や進行が激しい時は、患者さんにとっては大変楽な選択である。しかし以上見てきたように、それは根本治療で
はない。また副作用もあるので、医師に良く薬のことを聞き、相談して薬を主体的に選択していくのが望ましい。と言葉で言ってもなかなか難しいでしょうが。私の経験からはそう言えます。

では西洋医学でどこまでリウマチ(リュウマチ)を治しているのかと言うと、それは根本治療でないので治せないと言えます。

ごく最近NHKの「ためしてガッテン」でリウマチ特集がありました。これも決してリウマチが治るというものではなく、リウマチ(リュウマチ)は本人が一番つらく、他人が理解してやらないといけない病気と言うような、啓蒙的な番組内容でした。NHKがここまでの内容でしか伝えられないのは、まだ西洋医学ではリウマチ(リュウマチ)に対する決定的な処方は存在しないということではないでしょうか。

またまた最近のNHK番組「ためしてガッテン」では、リウマチ克服の決めては超早期発見だとありました。どのような検査方法を使って診断するかは紹介されませんでした。リウマチは鍼灸治療でも、早期から行うことを勧めていました。今も昔もかわりない、早期治療が大切ということでしょうか。


リウマチ治療の未来

リウマチ(リュウマチ)については、新潟大学の安保教授の自律神経免疫学説から引用します。痛みがあって患者さんは苦しんでいても、関節の炎症腫れは まさに免疫機能が働いてリウマチ(リュウマチ)と 戦っているのだ。リンパ球が身体を攻撃しているが、免疫不全を起こして いるのではなく、まさに正 しい機能を果たしているのだ。と教授は仰っています。従来のリウマチ(リュウマチ)に対する考えとは、まったく異なる見解です。

安保教授のリウマチ理論は交感神経を抑えることで、内臓の働きを元気にさせる副交感神経を活性化させます。そのことが血液の中のリンパ球と顆粒球の比率を正常にし、それが免疫などを整えリウマチ治癒につながるということです。

安保福田治療理論では、副交感神経を活性化し交感神経の抑制を図りバランスを取るという間接的な治療方法です。手のひら先生は最近の研究から、交感神経そのものの興奮を抑える方法ができるようになりました。

これは西洋医学はおろか、そもそも東洋医学には神経の存在は無視されていました。画期的なことだと考えています。

新潟大学安保徹教授の免疫理論には、胸腺由来のT細胞免疫と胸腺外T細胞免疫があります。後者は教授が世界で初めて発見されたものです。

手のひら先生高麗手指鍼では、この二つの免疫システムを調整出来る方法を考え出しました。そのことがリウマチの腫れや痛みを軽減し始めたと報告をいただいています。新たな治療段階に入ってきました。

鍼灸の新たな世界が開かれたことと思います。さらに脳神経のツボとして、第1相、第2相の研究が進み、こちらからの面でも急速に鍼灸の世界が広まっています。

リウマチ患者さんは、指の腫れや変形朝のこわばりがあって、初めて病院に通うことになります。最初から血液検査数値に表れれば治療が始まりますが、多くは時間が経過しないとリウマチ因子は検出されません。判定された時は症状かなり進んでいます。リウマチを治せないので、病院の現在は漢方薬に打開策を見ているようですが、それも効果が出ずサプリメントやハーブ治療にまで治療を広げていのが現状です。

鍼治療は人間が本来備えている治す力を引き出すものです(自然治癒力と表現されます)。鍼治療は物理療法であり、薬と違って副作用もなく安全な治療とされています。高麗手指鍼は理論を踏まえ的確に治療すれば、免疫力を高める効果が高い治療です。しかしそれを効果的に引き出すには、やはり経絡の調整やツボの取り方で大きく変わってしまいます。

高麗手指鍼は鍼の歴史の中でも、耳鍼などとともに独自の鍼の地位を占めています。新しい鍼であっても中国三千年の叡智を、連綿と受け継いだ東洋医学理論を基礎としています。韓国では日本や中国では理論化できなかった気の調整理論が、五百年前に舎岩というお坊さんが完成していました。このことがさらに高度な鍼治療ができる礎になっているのです。

 

「手のひら先生の新たな治療法」

サウンド・アキュパンクチャ(音による鍼治療)」を紹介していましたが、このたび「不眠症対策CD」として商品化いたしました。二千年の時を超えて、
新たなる東洋医学の門出が、できるのではないかと自負しております。また300万とも400万人ともいわれる不眠症、この対策に少しでも寄与できるのではないかと思っています。

不眠症対策CDがどのようにして開発されたか、発想の原点から説明しております。ご覧ください。

「キングダムの時代にすごい、医療が生まれた~不眠症対策CDの起源~」

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
左室肥大不整脈 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳卒中・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781